FC2ブログ

万年筆のペン先は金の合金が使われている

-
citrine187
万年筆のペン先は金の合金が使われている。
万年筆のペン先はスチール製と金製が有名ですね。
今、私が使用しているのはパーカー、ソネットの万年筆です。
18Kとペン先は金と他の金属の合金ですね、たぶん。
(合金の詳しい成分はわかりませんけど)
ですから、金が使用されているのでお値段が少しします。
パーカーに限らず、数万円のものは大抵、金が使用されています。

万年筆を廃棄することはめったにありませんが
(過去に一度(1本)だけですけど)
やはり、資源ごみに出すのがよいのですかね。
都市鉱山の一部となりますからね。

日本はメタンハイドレートもそうですが、
資源が豊富な国のようですね。
日本の近海にある熱水鉱床にも金、銀などが豊富にあるようです。
金は陸上では塊として、海水のなかには溶け込んでいて、
それが海底に沈殿して、プレートの移動とともに日本列島にやってきて、
プレートの境目で圧力の関係でマグマや熱水とともに地表に出てくるのだそうです
(大まかにいうとこういう感じらしいです、
メカニズムの詳細は専門家ではないのでわかりませんけど)

日本は地球のメカニズム上、自然に地下から金が湧いて出てくる場所なわけですね。
「自然銀行、自然金庫」とも呼ぶべき場所に昔の日本人は住み着いてしまったわけですね。
本当にメカニズム上、「黄金の国ジパング」なわけですね。
とても幸運にめぐまれた民族、国民なのかもしれませんね。
ある意味ですけど。

鹿児島には世界最大級の金山もありますからね。
鹿児島の金山は金価格の高騰でも長く採掘するようで、
高騰時にたくさん売らないようですね。

ルイヴィトン、ブルガリ、エルメス等の
高級ブランドは金製品も多数ありますから、
金価格の高騰によって、
価格改定がいずれあるかもしれませんけど、
しばらくは金相場は高騰したままかもしれませんね。

関連ブログ
万年筆カタログ
関連記事
citrine187
Posted bycitrine187