FC2ブログ

百貨店の初売りは堅調

-
citrine187
2018年の百貨店の初売りは堅調のようです。
三越伊勢丹、大丸松坂屋百貨店、高島屋、そごう・西武、阪急阪神百貨店の
大手5社の対前年売上高伸び率もなかなかのもの。

特に定価品の売れ行きがいいらしいです。
「欲しいものがあれば買いますよ」という購買の仕方。

時計、宝飾品も外国人観光客にはよく売れているようだ。

日本人だろうか?
化粧品や食品などの定価品が好調のようです。

あ、でも外国人観光客にも化粧品、日本の食品は人気ありますよね。

日本人にも、外国人観光客にも、
このような商品は売れているのかな。

百貨店はもともとお金に余裕のある富裕層が常連のお客さんだから、
ある意味ではあたりまえの光景なのかもしれない。
景気にあまり左右される層ではないから。

外国人観光客はどこの国から来たのかによりますよね。
景気が良い国の人もいるでしょうから。

そういった意味では、時計、宝飾品、化粧品、食品は
今年も安定した売れ方をしているようです。

というわけで、時計、宝飾品はファッション関係の商品。
化粧品は美容関係の商品と今年も安定して商品が売れる
ということになるでしょうか。
関連記事
citrine187
Posted bycitrine187