FC2ブログ

12月5日放送の「教えてもらう前と後」のルイヴィトン特集の感想

-
citrine187
12月5日放送の「教えてもらう前と後」ではルイヴィトンの特集をしていました。
ルイヴィトンに愛される日本というテーマです。

ゲストである梅沢富美男さんもノワール系の色のバッグを愛用してましたね。
スピーディ・バンドリエール30?35?のようなバッグ。
かなり使い込んでいる様子。

ルイヴィトンに日本が世界一愛されている理由。

なんか、凄いな。
2018クルーズコレクションのファッションショーの会場の美術館。
滋賀県信楽町の「MIHO MUSEUM」という美術館。
森の中を橋のようにまたがった1kmのランウェイを
たくさんのファッションモデルさんが颯爽と歩いている。
この施設凄い。
外観も壮観です。

ファッションモデルさんが身に着けている衣装も相変わらず奇抜です。
ファッションショーは大抵そうなんですけど。

そして、だるまと歌舞伎のキャラクター?
のデザインが施されているルイヴィトンのバッグ。

他にも侍のデザインが施されているスパンコールのドレスや
ライダースジャケットなどがありました。

ルイヴィトンの新しいモデルのデザインをデザイナー山本寛斎さんがおこなっていました。
ニコラ・ジェスキエールさんの依頼だそうです。

だるまをモチーフにした斬新なデザイン。
相当に奇抜なデザインですが、海外のお客様には大変人気のようです。
日本人にとってはだるまのデザインはキャラクター的には馴染みがあるのですが、
ファッションアイテムに取り入れるとなると、かなり奇抜で、
このような使い方はなじみが無いかもしれません。

この日本的なデザインが海外の女性にはうけているのですか。

そして、博多華丸・大吉の2人がルイヴィトン表参道店へ。
フリーアナウンサの本田朋子さんとファッションジャーナリストの生駒芳子さんも。

ルイヴィトン表参道店ではいろいろとアイテムを見ます。
スッキリとしてるけど、華やかな店内がいい感じだ。

店内に展示してあったスピーディへ。
スピーディはオードリー・ヘプバーンがプライベートで愛用していたとのこと。

続いては、ルイヴィトンのバッグは折りたたんで、
コンパクトにすることが可能という機能紹介。

でも、あまり、折りたたまないな。
バッグって。

旅先では便利な機能なのか。

つづいてはキャビアを盛り付ける容器を運ぶための専用のトランクの紹介。
うーん、これは一般人には必要のないアイテムな気がする。
キャビア食べないもんな。
個人での使用なのか、パーティー用なのか。

つづいては大吉さんが冬のコートを試着。
なかなかシックでかっこいいです。
お値段は高いですけど。

ちょっとトランプアメリカ大統領のようだともてはやされます。
うーん、まあ、そういう雰囲気もあるか。

これでルイヴィトン表参道店のコーナーは終了。

次は高知県にあるルイヴィトンの古いトランク。
約130年前に製造され、日本で現存する最古のルイヴィトン製品らしい。

この旅行用トランクは自由民権運動で有名な板垣退助が使用していた旅行用トランク。
1883年、フランスに近代政治を学びに行った板垣退助が
ヨーロッパの政治関連の書物を日本に持って帰ってくるために
フランスで購入した旅行用トランクだそうです。

これは以前、何かの番組でも見たことがある。
詳しい内容は覚えてなかったが、
板垣退助が政治関連の書物を日本へ持ち帰るためという
詳細な説明を聞けたのが面白かったです。

日本への航海では頑丈なトランクが必要だったようです。
書物が濡れたりすると大変ですからね。

続いてはルイヴィトンがパリとニースに店舗を開いたあとに世界展開する物語。

多くの日本人女性がフランスのルイヴィトンの店舗にルイヴィトン製品を買いに来たので、
1978年、ルイヴィトンは海外1号店を日本の東京へ。
2号店、3号店も東京。
4号店は大阪、5号店、6号店も大阪です。

日本へ集中的にオープンさせたようです。

日本人女性は早くからルイヴィトンの品質の良さに着目していたようで、
ルイヴィトン側もこの状態に答えるように日本へ店舗を出店したわけですね。

古くから日本人はルイヴィトンを世界中の国々の中でも
愛用していた存在だということなのですね。

以上が番組の感想です。

ルイヴィトンの歴史をざっくりとおうような構成でした。
新作アイテムの紹介と日本の関わり方、
そして、昔からルイヴィトン製品と日本人が大きく関わっていたという内容だった。

今はクリスマスシーズンといってもいいかもしれない季節なので、
高級ブランドの広告が新聞にも載っている時期。

クリスマスシーズン、プレゼントシーズンに合わせての内容なのか?
そう思わせるような印象も持った。
内容というよりはタイミングがぴったり。

でも、やはり、ルイヴィトンの製品は綺麗さもあり、
インパクトも絶大です。

特にデザイナー山本寛斎さんデザインのアイテムは
インパクトが凄すぎますけど。
かなり好みが分かれそうだ。
関連記事
citrine187
Posted bycitrine187