井伊直政の孔雀の羽の陣羽織

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が始まって、
井伊家の歴史が注目されているのか、
ちらっと、「歴史秘話ヒストリア」という番組を見ていたら、
井伊直政が徳川家康からもらったという孔雀の羽の陣羽織が紹介されていました。
色合いは昔のものだから、色あせているというか、
まあ、400年くらい前のものですからね、
しょうがないのでしょうけど、
結構、全体的に孔雀の羽があしらわれているものだった。
正式な名前?は孔雀尾具足陣羽織(くじゃくおぐそくじんばおり)という名前のようだ。

当時は凄く綺麗な陣羽織だったのだろうな。
緑色というか、孔雀の羽は綺麗で美しいからね。
個人的にはあまり緑色は好みというわけでもないけど、
やっぱり、服装の素材として使用するには魅惑的な色と素材なのだろう。

井伊直政はまだ大河ドラマ「おんな城主 直虎」には登場してない。
井伊直親の子供らしいから、まだ当分先なのかな。
たまーに、この大河ドラマ、部分的に見るけど、
まだ、子供いないものね。
始まったばかりだから、当たり前か。

そのうちに生まれて、成長して、徳川家康に仕官してからの話だから、
この陣羽織をもらうシーンも登場するのだろうか?
着用するシーンは見てみたい気がする。
どのような仕上がりになるのか。

あ、でも、大河ドラマ「おんな城主 直虎」は井伊直虎が主役だから、
脇役である井伊直政のシーンはさほど無かったりして。

衣装は気になるな。
関連記事
スポンサーサイト