6000年前のジーンズ?

ペルーのワカ・プリエタ遺跡から出土した綿織物の8つの断片を分析し、
5つに植物由来のインディゴ染料が含まれているかどうかを調べたら、
年代は6200年前~1500年前くらいにまたがるらしい。

学術誌「Science Advances」に発表された論文の内容らしいです。

青みがかった布やグレーの布があるようだ。

今までは紀元前2400年ごろのエジプト第5王朝の遺跡から発掘された
インディゴ染めの織物が世界最古だったのね。

いやー、染め物の歴史も凄く古いのですね。
しかも、ジーンズ、デニムもそんなに古い時代からあったのか。
今回のものは布だからボトムスの形なのか、トップスの形どうかわからないけど、
どんな形の製品なのだろうかな。

存外、衣服、ファッションの歴史も古いな。
何かしらは着ていただろうけど、染め物の技術もそれなりに確立していたのかな。
大変、面白い。
関連記事
スポンサーサイト