廃タイヤ底のサンダル

バイク(オートバイ)のタイヤをサンダルの底に使用する。
世界中でバイクは乗られているので、廃タイヤも大量に出る。
新興国、開発途上国に多いのだろうか。
世界の普及台数を見たら、やはり、中国、インド、インドネシアなど
主にアジアの国が圧倒的に多いようだ。
これだけの台数が世界に普及しているのであれば、
当然、廃タイヤも大量に出るのですね。

そのタイヤをサンダルの底の素材として再利用、リサイクルする。

タイヤは滑り止め効果があるので、素材として、サンダルの底には向いているのですね。

リサイクルやアップサイクルの商品も効果、機能まで絶妙に考えられて設計されている。

いろいろと考えてみるものですね。
元々、滑り止め効果のある製品としてタイヤは設計されているのでしょうけど、
この機能を他の製品でも応用するということで。

サンダルの底の素材ですから、サンダル全体のデザインにはあまり影響しないようです。
もちろん、底以外でも使用すれば、タイヤの雰囲気がいっぱいになりますけど。

タイヤを使用しているので、若干、重量があるのだろうか。
タイヤ製品はそのような傾向にあるようだ。

関連記事です。

アップサイクル SEAL store 楽天市場店 廃タイヤリサイクルバッグ

関連記事
スポンサーサイト