伊豆諸島の青ヶ島の海底熱水鉱床で高濃度の金を含む鉱石が発見された

伊豆諸島の青ヶ島の海底熱水鉱床で高濃度の金を含む鉱石が発見された



伊豆諸島の青ヶ島の海底熱水鉱床で高濃度の金を含む鉱石が発見されたけど、
かなりの含有量らしいですね。
最高で1トン当たり275グラムの高濃度の金を含むものもあるとか。

日本の近海には火山が多いから、金やレアメタルが大量に存在するようだ。
事業化したら、金やレアメタルの価格も下がるのだろうか。

金は工業製品(電化製品の基盤など)や貴金属のファッションアイテム、
万年筆、に利用するから、
大量に取れれば、価格は下がるかもしれないな。
貴金属というだけでなく、様々な製品に使用されて、
金属として便利なので、ちょっと期待。
関連記事
スポンサーサイト