高級腕時計の国内市場が活気づいている?

高級腕時計の国内市場が活気づいている?



高級腕時計の国内市場が活気づいているって本当ですか?
下記の記事にて。


高級腕時計の国内市場活気…「アナログ感」支持


景気回復に伴って所得が増えつつあり、
国内時計メーカーの展示会「ジャパンウオッチコレクション」でも数十万円程度の
高級腕時計をそろえたらしい。

国内の腕時計市場は、「購入単価が大幅に上がっている」(日本時計協会調べ?)

通信機能を備えた腕時計型のウェアラブル端末の攻勢を受けるとの見方もあったが、
海外勢を含め、ブランド力がある高級腕時計には、影響が出ていない模様。

あら、そうなんですか?
まあ景気が良くなれば、高級腕時計が好きな消費者や富裕層が
たくさん高級腕時計を購買しても不思議ではないけれども、
現在、そんなに景気は回復しているようには思えないですが。

そして、ウェアラブル端末に押されるというのはどうだろうか?
むしろ従来通り、スマホなどに押されるものと思われるけど。

高級腕時計全体としては、存在が他の物に取って代わられるということは
個人的には無いように思います。

時間の確認自体は、スマホやガラケー、ウェアラブル端末で出来ますけど、
それ以外のアクセサリー的な存在感はあまり競合する製品が無さそうなので。

もっと値段の高い超高級腕時計は芸術品的な扱いになりそうですからね。
数百万円~数千万円の超高級腕時計は。

でも、数十万程度の高級腕時計が主力のようなので、
やはり、機能面、実務面が優れている腕時計が主流なのかもしれない。
特に日本人は、実用的な腕時計が好きなようなので。
訪日外国人も日本製の実用的で頑丈な腕時計が好きなようだ。

レディース腕時計の方は、腕につけるアクセサリーとしての需要はあるのですかね。
外観デザインが女性的で気品のあるものがたくさんありますからね。
時間の確認以外にアクセサリーとしての利用なら、
十分に需要が見込めるような気がするのですが。
貴金属を素材に使ったものもあり、宝石類を素材に使っているものもありと
バリエーションも豊富にそろっていますのでね。
関連記事
スポンサーサイト