フランスの女子サッカー選手は試合後、ドレスを着てパーティーに行く

フランスの女子サッカー選手は試合後、ドレスを着てパーティーに行く



FIFA女子ワールドカップカナダ2015を終えたなでしこジャパンのMF宇津木瑠美選手。
練習でもばっちりとメイクをして練習に臨む。

カナダでは、チームのジャージを着るのが義務付けられていたそうで、
おしゃれなファッションンのお店でもお買い物がしづらかったようです。
まあ、ジャージですからね。
さすがにジャージでのお買い物というのは、女性もね。
しかも海外ですからね。
おしゃれをして、楽しい気分でお買い物がしたいところなのに。
ある意味、過酷な条件下にいますね。
キャミソールやハイヒールを見つけても、似合うのかどうかよくわからなかったとか。

長らくフランスリーグで活躍する宇津木瑠美選手。

フランスの女子サッカー選手は、試合の後にドレスを着てパーティーにいく習慣だそうです。
なので、ばっちりとおしゃれに身だしなみを整えることは女子サッカー選手として
当たり前なのだそう。
そこで、宇津木瑠美選手もなでしこジャパンの練習でメイクをばっちりときめて
行っているわけですね。
美容にも気をつかってらっしゃるわけですね。
女性ですから、当たり前といえば、あたりまえですが。

フランスの女子サッカー選手だけなのだろうか?
他のドイツやアメリカなどの海外選手はどうなのだろうか?

FIFA女子ワールドカップカナダ2015の女子アメリカ代表の選手たちが、
テイラー・スウィフトさんのコンサートに登場したという記事を最近見かけたけど、
画像も見たのだけど、それほどおしゃれさんたちには見えなかったのだけどな。
画像だから詳細ってわけではないけれど、ごくごく普通のプライベートな服っぽい、
衣装とかではないような。

やっぱり、フランス女子サッカー代表の選手たちだけなのかな?。
普段からおしゃれファッションを意識して、さらにドレスを着てパーティーにいくことが
多いような生活をしてらっしゃるのは。

日本のなでしこジャパンにも川澄奈穂美選手というおしゃれ番長がいらっしゃいますが、
どちらかといえば、カジュアルな感じ。
洗練された大人の女性の雰囲気のファッションという印象はあまりない。

フランス女子代表のサッカー選手たちは洗練された大人の女性の雰囲気のファッションが
定番なのだろうか?

おしゃれな国、フランスだからか。
フランスだけなのか。
文化が違うとあらゆるものが違いますね。
関連記事
スポンサーサイト