無印良品って中国で人気があるのか

無印良品って中国で人気があるのか



無印良品は、業績が上がっているようだけど、
海外、主に中国での売上が伸びているようですね。
そして、訪日中国人によるインバウンド需要なども重なってさらに好調のようだ。

反対にヨーロッパでは、
店舗によって商品の偏りがあってヨーロッパ人の需要には、
答えられていないようだ。

結局、海外での売り上げが影響しているわけですね。
日本国内も日本人による購買はどうなのか?
安定して無印良品のファンが買っているのか。

シンプルが売りの無印良品。
個人的には、文房具(特にボールペンと万年筆)や雑貨はシンプルで可愛いのと、
なかなかかっこいいいと思うのですが、
ファッション系、洋服などは、ユニクロとさほど変わらない印象なので、
低価格でどこまで対応できるかにかかっているような気がします。
といっても極端に安くなるわけでもないし、する必要もないし。
まあ、同業他社とある程度はシェアを分け合うという状態が
ずっと続くように思われます。

一方で、デザインは、ひたすらシンプルを追求しつつ、素材に付加価値を持っていくという方向性。
これもエシカルファッションなどのブランドと競合するかもしれないので、
こちらの方向性は方向性で難しい。
といっても、素材感を追求して値段を上げていく方が安定してファッションブランド
として残りそうな気もします。
どちらかというと、無印良品は、こちらのタイプが近い気もするのですけどね。
関連記事
スポンサーサイト