エシカルファッション

エシカルファッション



環境に害が無さそうなものを素材に使い、
公正な手順を踏んで(フェアトレード)
作られたファッションアイテムなどを
製造、販売、購買、使用したりするファッションスタイル。

アフリカなどの発展途上国などで制作してるからか、
民族衣装のようなデザインを基本とした服やアイテムが多い気がする。
先進国側からこういうデザインのものでって提示するデザインではなく、
現地の人達の志向を取り入れているようなものが多い気がする。

『環境に配慮したもの+民族的なもの』ということなのね。

エシカル(道徳的な)という単語だから。

発展途上国の人達の生活向上のためになる制度。

上記の概念を外してはいけないのかもね。
普通の物を大量に生産すると、価格競争に巻き込まれて、本末転倒になるので。
個性的な商品をじっくりと堅実に作り続けるのがいいのですね。
じっくりと経済成長に貢献するというか。

消費者もその事情に対して消費者として貢献する方針を変えては駄目なのですね。
消費者が流行などに左右されないことが大切です。
関連記事
スポンサーサイト