細川紙で作った衣装のファッションショー

細川紙で作った衣装のファッションショー



埼玉県の小川和紙の一種で細川紙で作った衣装のファッションショーが行われた。
昔から和紙で服を作るという習慣はあったんですよね。
東北地方でもありましたし、戦国時代は豊臣秀吉も和紙で陣羽織を作って使っていたとか。
日本の伝統衣装の一種なのですね。

今回のファッションショーでも、仕上がりは民族衣装っぽい雰囲気を感じますね。
素朴な服と言いますか。
柿渋や墨で染められているのですね。
とても趣を感じられて素晴らしいです。

紙の風合いがとてもいい感じだ。
関連記事
スポンサーサイト