スイスのバーゼルで腕時計見本市がはじまりますね

スイスのバーゼルで腕時計見本市がはじまりますね



スイスのバーゼルで腕時計見本市がはじまりますね。
今年は腕時計型情報端末が目玉だそうです。
アップルなどスマートウォッチとよばれる腕時計型情報端末の
発表がありましたからね。
運動量計測、睡眠時間計測、ドア、金庫などのカギを開ける機能
などがあるようなので、便利な世の中になりそうです。
ああでもそういった機能はすでにスマホでもあるのですよね。
スマホが競合しそうですが、普及はするのでしょうか?
というか一部高級腕時計メーカーを除いてスマートフォン(スマホ)
と連携する機能を搭載した腕時計がこれからの主流になるのですかね。
スマホと連携する機能を搭載した腕時計を主力にしたいような感じでしょうか?
利便性は優れているのでしょうけど、同じような機能が2つアイテム
であるような状態になりますね。
スマホは携帯端末、腕時計は宝飾品+携帯端末の一部。
こんな住み分けをしていくのでしょうかね。
わたくし個人的には腕時計+宝飾品、工芸品でいいと思うのです。
そういう方が好きなので。

日本の今年の流行はカラフルでポップな腕時計が人気が出そうですね。
すでにちょっとだけ人気は出ているようですが。
多くのファッションブランドがラインナップを出してますからね。

腕時計もスマホや腕時計型携帯端末に押されて、腕時計を身に着けない人たちが
増えているようですが、ファッションアイテムとしての存在感は
まだまだあるようで、ファッションアイテムとして十分に楽しめますね。

面白いデザインの腕時計があったり、宝飾品扱いの腕時計があったりと
スマホや腕時計型携帯端末とは違った存在感が大いにありますからね。
関連記事
スポンサーサイト