中国人はゴールドにかがやくロレックスの腕時計や濃い色をした宝石が好み

中国人はゴールドにかがやくロレックスの腕時計や濃い色をした宝石が好み



中国人はゴールドにかがやくロレックスの腕時計や濃い色をした宝石
が好みでよく売れるらしいですね。

中国の富裕層の方々が個人のコレクションなどで買っていかれるそうですね。

中国の美術品や日本の中古宝飾品などが質が良いらしく、好みだそうです。

オークションでも中国の人がカラージュエリーや金色が強いロレックス
の腕時計などを買っていくそうですね。
金色は富の象徴みたいな色という考え方のようですね。

中国は経済が減退している模様ですが、富裕層は関係ないみたいですね。

最近では赤サンゴの密漁で有名になりましたからね。
赤サンゴ、宝石サンゴ。
東京都小笠原諸島で。

それにしても赤い色が好きなのですね。

そして、
第26回国際宝飾展、国内最大級の宝飾品の商談会が
24日まで東京ビッグサイトで行われている。
日本の宝飾品は加工技術が優れているので、また円安の影響で
海外からの人気が高まっている。

黄金の金箔電子計算機(電卓)、黄金の招き猫(宝石つき)。
主に中国人向けなのかな。
赤サンゴ、宝石サンゴも人気。

アジア系バイヤー(中国、台湾、マカオ、インドなど)
が集うプロ向けの祭典です。

翡翠、ダイヤモンド、真珠、ゴールデンパールなどが人気ですね。
バブル時代に大量に日本で売れた中古宝飾品
(埋蔵宝石)とよばれているもので、
それが、再加工されて売られている。
日本人が見てもとても綺麗ですよね。
黄金の真珠などは素晴らしく綺麗でうっとりしますね。
外国人が欲しがるのもよくわかります。

最近は炊飯器や温水洗浄器などの家電製品また、化粧品、お菓子、
包丁、爪切りなどの刃物系商品も中国人の方々に人気が高いですね。
北海道産の海産物(ホタテの貝柱など)も人気があるらしいです。
日本産の海産物は品質がいいらしいです。

家電量販店の混雑ぶりがすごいですね。
春節の時期は特にすごいです。
中国メーカーのと違い、高性能と品質がいいので、安定した人気の高さを
誇っていますね。
日本への観光旅行のついでなのか、買い物のための旅行なのか、
中国人の方々の売り上げは高いですね。
こういう消費の仕方はインバウンド消費といるのですね。

日本人は商品の品質に厳しい、そして品質を見極める能力が高い
ので、日本製の商品は質が高くなる。
日本で売れれば、世界で売れるといわれる。
やはり、この商品を見極める能力が日本人の特徴なので、
日本製の商品が世界で愛されるのがとても喜ばしいと思う。

しかし、不思議なことに日本に売っているメイドインチャイナは信用できる
と言って買っていく中国人の方もいる模様です。
ちょっとわけがわからないですね。
日本が輸入するものは信用できるらしいです。
そういうものだろうか?
紙おむつなどは日本メーカーの中国工場の紙おむつは嫌がって、
日本工場で生産した紙おむつをわざわざ日本にまで買い出しに来るのですよね。
ちょっと一貫性がないというか、人によるのか。
何とも不思議な購買行動です。

近年、ユーズドインジャパンは海外でも人気があるようですが、
元が中国製だとどの程度信用できるものなのだろうか?
よくわからない。
関連記事
スポンサーサイト