BZ0030-16E カンパノラ「地焔(つちのほむら)」

BZ0030-16E カンパノラ「地焔(つちのほむら)」



シチズン、カンパノラ(CAMPANOLA)は宙空の美を大きなテーマとしているが、
今回のモデルは地球創生がテーマになっている。
天地開闢(てんちかいびゃく)のストーリーをテーマとして、
地球誕生のころの様子は漆塗りによって表現しているようだ。
燃えたぎるマグマの様子がとても重厚に表現されている。

壮大なテーマや物語を日本の伝統工芸で表現しようという
独特の世界観の腕時計であるカンパノラの新モデルです。

毎回、カンパノラシリーズは重厚なデザインとちょっと和風っぽい
デザインが一味違った雰囲気を醸し出している。

最近は漆に顔料を混ぜて作った色漆の雑貨もありますが、
こちらは伝統的な漆黒と赤漆が使われているのだろうか。
伝統的な和風の色合いと雰囲気が美しい。

和風のデザインですが、インデックスが鮮やかな赤いローマ数字なので、
和洋折衷のようなデザインに仕上がっているのか。
漆黒に鮮やかな赤い色がとても目立つので、人目を惹きますね。
ビジネスには少し目立ちすぎる色かも。
派手と言えば派手です。
プライベートで使用する方がよさそうですね。

アルキメデス・スパイラル




BZ0030-16E カンパノラ「地焔(つちのほむら)」
が販売の低価格順の高級ブランド腕時計ショップの価格や詳細情報などはこちらからです

関連記事
スポンサーサイト