近畿大学とコードバンの共同開発によるクロマグロ皮の財布

近畿大学が養殖しているクロマグロの皮を使用して、
財布などを販売。
コードバンとの共同開発です。

クロマグロの皮の脂肪分を丁寧に取り除いて、
財布や名刺入れなど5種類を制作。

L字ファスナー短財布
ラウンドファスナーキーケース
ラウンドファスナーミドルケース
ラウンドファスナーコインケース
名刺入れ

クロマグロは黒いダイヤモンドと呼ばれている
日本人には馴染みのある魚。
その皮を使用して財布などが作れるのですか。

しかも、外観も綺麗で高級感がありますね。

PISCINE(ピサイン)というブランド名らしいです。
英語で魚という意味らしい。
FISHしか知らないな。
PISCINEなんて英語は初めて見た。
ネット通販でPISCINEで検索したら、
フィットネス水着しか出てこなかった。
でもこちらはピッシーヌと読むのか。

あ、魚座のPISCES(ピスケス)を思い出した。
これにちょっと似ている。
関連があるのかな?
どうなのか?
聖闘士星矢で思い出しました。

お財布などは黒くて光沢があり、高級な雰囲気があって上品。
でも、5種類全て2万円台のようだ。

魚の皮でこれだけの仕上がりなのですか。
これは凄い。
関連記事
スポンサーサイト